企画展「折口信夫没後60年展」 ミュージアムトーク

記事のみ印刷 全画面印刷

写真を示しながら解説を行う小川直之教授 本日、渋谷キャンパスにある本学博物館でミュージアムトークが開催されました。現在、同博物館では、折口信夫没後60年展「折口信夫・釈迢空-情念の伝達」と題した企画展が開催されており、本日は文学部の小川直之教授による解説が行われました。
 午後1時から始まった本日1回目の解説には約50人が参加、貧しい人にも分け隔てなく治療を施す医師であった父の姿を見て育った折口博士の生い立ちをたどり、その経験が自身の研究にいかに影響を与えたのかを考察しました。

 続く午後2時からの回にも15人が参加。先般の羽咋市で行われた「折口信夫60年祭」の様子も紹介されていました。

 こちらの企画展は10月27日(日)まで、次回ミュージアムトークは10月26日(土)午後4時に行われる予定です。事前申込は不要ですので、ぜひご参加ください。

イベント(学外者開放型)