神道特別講座―第62回神宮式年遷宮記念―(3回目)

記事のみ印刷 全画面印刷

三橋元教授の講義風景 地域連携講座の一環として実施された神道特別講座の最終回(第3回)「式年遷宮と諸祭と行事」が午前10時30分から学術メディアセンター常磐松ホールで行われました。
 神宮は先日「遷御の儀」が行われた内宮(ないくう)と外宮(げくう)だけでなく、そのほか14の別宮(べつぐう)と109の摂社(せっしゃ)、末社、所管社、合わせて125社神社の総称。式年遷宮は平成17年の山口(やまぐち)祭から始まる33の祭事・行事からなり、講師の三橋健元本学教授はその行事一つひとつの意味をひも解いていきました。

イベント(学外者開放型)