学びへの誘い@松本(7日目)

記事のみ印刷 全画面印刷

小学生の見学 会期も残り3日となった松本市時計博物館で開催中の「祭礼絵巻にみる日本のこころー國學院大學学びへの誘い」。
 本日、朝一番に松本市立島立小学校3年生約60人が社会科見学で時計博物館に来館。こちらの企画展も併せて見学に来ました。
 きれいに彩色された絵巻の豪華さに驚く小学生たち。そんな彼らが一番興味を示したのは祇園祭礼絵巻の蟷螂山。山鉾の上の蟷螂の姿が印象的だったようです。
 また来場記念のオリジナルしおりでは、漢字が書かれた日本書紀が一番人気となっていました。

今朝の松本城 今朝の松本は、気温9度。澄み切った空気の中、松本城も凛とした佇まいを見せています。
 時計博物館を後にした小学生たちは、このあと松本城、開智学校、と回るとのこと。いつも以上に凛としたお城が、元気いっぱいの子供たちを迎えたことでしょう。

 一昨昨日24日(火)に信濃毎日新聞等に折り込まれ配布されているフリーペーパー「松本平タウン情報」、おととい25日(水)に中日新聞・中信総合面で紹介された効果か、本日は160人を超える方にご来場いただきました。
 なお、掲載された内容は、取材日誌facebookで紹介しておりますので、合わせてご覧ください。

イベント(学外者開放型)