企画展 「折口信夫・釈迢空ー情念の伝達」

記事のみ印刷 全画面印刷

 渋谷キャンパス学術メディアセンター内の國學院大學博物館では、国文学者・民俗学者で本学元教授の折口信夫博士没後60年を記念した企画展「折口信夫・釈迢空ー情念の伝達」を9月22日から開催中です。今回は、自筆原稿や墨跡、初公開の自作歌帖「鶴亀帖」、戯画集「菊石帖」をはじめ、約80点ほどが公開されています。中には、折口博士の講義を聞いた教え子たちが残した受講ノートや、折口博士が着用した礼服など、貴重な資料も多数含まれています。

 本学にとって大変縁の深い折口博士の足跡にぜひ触れてみてください。企画展は10月27日(日)まで開催中です。開館時間は、10時~17時(入館は16時30分まで)。休館日、9月29日、10月6日、13日、20日です。

 

イベント(学外者開放型)