青葉6大学バスツアー

記事のみ印刷 全画面印刷

活動内容を説明するプロジェクトメンバーの学生 横浜市青葉区では、区内にある大学(國學院大學・玉川大学・桐蔭横浜大学・横浜美術大学・日本体育大学・カリタス女子短期大学)と連携し様々な活動を行っています。本日は、活動の一つである「青葉6大学バスツアー」が実施され、本学たまプラーザキャンパスにも約35人の区民が訪れました。

巣箱の見学をする参加者 今回は万葉エコBeeプロジェクトによる養蜂活動における様々な取り組みを説明し、その後は、グループに別れて「ミツバチ」をキーワードに連想する言葉をつなぐ「ワードマップづくり」ゲームを行いました。
 スクール形式での講座終了後は巣箱が設置されている若木21の屋上に移動、見学会と蜜絞り体験を行いました。参加者全員が防護服に着替え、巣箱周辺に設置された見学用スペースから内検(群れの健康状態チェック)作業の様子を見学。初めて見るミツバチの大群に、参加した子供たちからは驚きの声が上がっていました。

イベント(学外者開放型)