国史学会4月例会

記事のみ印刷 全画面印刷

国史学会4月例会 午後1時30分から渋谷キャンパス3号館4階3401教室で国史学会4月例会が開かれました。

 福永哲大氏「満州国承認をめぐる日本外務省の対応―日満議定書起案過程を中心に―」、高村聰氏「関東大震災後の海軍用地問題―稲楠土地交換と横須賀基地の完成―」の、近代史に関する2本の報告がありました。

 写真は、福永氏の報告の模様です。

イベント(学外者開放型)