神道を知る講座IX―神社の歴史と祭り―

記事のみ印刷 全画面印刷

オープンカレッジ「神道を知る講座IX」 オープンカレッジも今週から続々スタート。本日は「神道を知る講座IX―神社の歴史と祭り―」が初回を迎えました。
 「神道」という本学ならではの講座であることから「I」から今回の「IX」まで継続受講している方も14人いる人気の講座で、今年は出雲大社と伊勢神宮が遷宮を迎えることからか、今年度はじめての受講の方75人を含む192人の受講いただき、常磐松ホールでの開催となりました。教科書『事典神社の歴史と祭り』も、会場で生協が特設販売ブースを設置し、対応しました。
 自然への感謝と災いへの畏怖が神道と神社を作り上げ、日本人の精神文化の基層に位置づけられていることなどをその背景を知ることで、より深く日本と日本人を理解する講座になっています。
 國學院大學博物館の資料解説や、都内の神社参拝も希望者の方へのオプションとして実施予定とのことです。

オープンカレッジパンフ オープンカレッジの各講座は募集人数に空きがあれば、途中からの受講も可能ですので、エクステンション事業課にお問い合わせください。ただし、料金は減額されませんのであらかじめご了承ください。
 9月開講講座もございますので、興味のある方は「オープンカレッジ」のページでパンフレット等をご覧ください。

 東京国立博物館[平成館]では、4月9日(火)から「国宝大神社展」が開催されていますが、國學院大學では、今年度の展示会「学びへの誘い」で「祭礼絵巻にみる日本のこころ」をテーマに「賀茂祭草子」「年中行事絵巻」「祗園祭礼絵巻」」などの貴重資料を展示します。
 渋谷キャンパスのほか、札幌・新潟・松本でも開催しますので、詳細が決まり次第ホームページでお知らせしますので、近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

イベント(学外者開放型)