森富子氏講演会

記事のみ印刷 全画面印刷

森富子氏が父敦を語る 13時から1204教室では「森敦生誕100年記念―父を語る―」と題した森富子氏の講演会が開かれました。
 森敦といえば、名作『月山』で知られますが、その『月山』で芥川賞を受賞したのが62歳の時。同賞史上最高齢受賞であり、それは未だ破られていません。
 森氏は当初は文学の弟子として森敦と接し、のちに養女となって森夫妻の面倒を見ました。最も身近で敦に接し、教えを受けてきた森氏ならではの、敦に関する豊富なエピソードが語られ、聴講者は熱心に聴いていました。

イベント(学外者開放型)