若木祭(最終日)

記事のみ印刷 全画面印刷

 2日に始まった若木祭は今日が最終日です。前日までと同様に模擬店などにはたくさんの人が集まっていました。また、今日は今回で40回目となる神輿渡御が行われ、2基に神輿が学内そして大学周辺を威勢のいい掛け声とともに練り歩きました。

若木祭の一コマ

 キャンパス各所で行われていた部会サークルの発表や活動の一コマを紹介します。

模擬店

 建物の外の模擬店では、学生たちの呼び込み合戦が盛んに行われていました。

しゃてきん

 2403教室では、射撃部による射的が行われ、景品獲得を目指して的を狙っていました。

尺八と箏と三絃の会

 尺八と箏と三絃の会の開く喫茶コーナーでは、邦楽の演奏を聴きながら食事を楽しむことができました。

音楽遊戯

 2402教室では、音楽遊戯の学生が一日を通してライブを行っていました。

茶道研究会

 2103教室では、茶道研究会による茶会が行われ、部員たちは一人ひとり丁寧にお茶を点てていました。

フラメンコクラブ

 2202教室ではフラメンコクラブの公演が、午後1時と午後3時の2回行われました。ギターや歌に合わせて、力強く情熱的な踊りが次々と披露され、観客からは温かい拍手が送られていました。

神輿渡御

 今回が40回目となる神輿渡御は、午後0時15分ごろ担ぎ手たちの威勢のいい掛け声とともに始まりました。先導をする猿田彦大神に続き2基の神輿が神殿前をスタートし、明治通りから金王八幡宮、氷川神社と練り歩きました。

 金王八幡宮と氷川神社ではそれぞれ神前に神輿を並べ正式参拝を行い、道中の安全を祈願しました。午後3時30分ごろには再び渋谷キャンパスに戻ると、担ぎ手たちの掛け声も一層大きくなり盛り上がりも最高潮に達しました。

後夜祭

 今年の若木祭も、いよいよフィナーレ。午後3時からは体育館で後夜祭ライブが行われ、音楽系サークルが日ごろの練習の成果を披露していました。

イベント(学外者開放型)