第4回ホームカミングデー

記事のみ印刷 全画面印刷

受付でプログラムを受け取る院友の皆さん 本日、第4回ホームカミングデーが渋谷キャンパスにて開催されました。今年度は大学創立130周年と節目の年でもあり、例年以上に活気のあるホームカミングデーとなりました。
 また、今回は卒業期の末尾5・6期の方々には、別途招待状をお送りしており、当日久しぶりに同期が集まりキャンパス内を見学する姿も。受け付けをされた480人ほどの方に記念品をお渡ししました。

多くの人で賑わう物産展 メイン会場となった学術メディアセンターの1F多目的ホールでは、院友各支部(北海道道南支部・山形県支部・静岡中部支部)や、本学短期大学部がある北海道滝川市や、万葉エコBeeプロジェクトの学生達が物産展を実施しました。

古事記の講演を行う谷口准教授 午後1時からは、本学日本文学科谷口雅博准教授による講演『古事記は誰が読んだのか-撰録の経過と目的』が行われ、今年で撰録1300年を迎えた『古事記』の講演ということもあり、100名近い来場者が参加しました。

かるたのサンプルを見る院友 物産展が開催されている多目的ホールでは、創立130周年を記念して制作された「國學院かるた」の展示および販売が行われました。本学の建学の精神や懐かしいキャンパスでの思い出などが書かれたかるたを1枚1枚丁寧に見る院友も多く、記念に購入していく方もいらっしゃいました。

沢田知可子さんによるトーク&ライブ 午後2時40分からは今回の目玉である歌手の沢田知可子さんによるトーク&ライブ「絆」が開演となり、楽しいエピソードも交えたトークと素晴らしい歌声に観客も魅了されました。

展示物の説明を行う図書館スタッフ 図書館では、見学会を実施しました。特別展示されている資料を前に、図書館スタッフがわかりやすく解説をしました。院友の皆さんも本学の持つ豊富な学術的資料に改めて感動していました。

赤井学長がくじを引き当選者を発表 最後には、お楽しみ抽選会が開催され豪華賞品が用意されました。1等のipadが当たった院友の方は「頂いた商品は、孫にプレゼントしたいと思います」と喜びを語っていました。午後5時には抽選会も終了し、今年度ホームカミングデーの全てのイベントは終了しました。

イベント(学外者開放型)