神道特別講座「神道と日本人の暮らし」

記事のみ印刷 全画面印刷

三橋先生の講義風景 今年度から始まった地域連携講座の一環である神道特別講座「神道と日本人の暮らし」が、講師に三橋健本学大学院客員教授を迎え、たまプラーザキャンパスでスタートしました。
 第1回目の本日は10時40分から102教室で33人が出席し、「神の道と人の道」というテーマで行われました。神道を学ぶことで、無意識のうちに生活の古層に染み込んでいる文化・思想を振り返り、自分とは何か、日本とは何かを見つめなおすきっかけとなる講座でした。

 次回10月24日(水)のテーマは「暮らしの起源神話」。興味のある方は、エクステンション事業課までお問い合わせください。

イベント(学外者開放型)