図書館収蔵資料展@3日目

記事のみ印刷 全画面印刷

盛況の会場内 連日、多くの方にお越しいただいている図書館収蔵資料展は今日で3日目。今日は、荒木優也文学部兼任講師、堀越祐一研究開発機構客員研究員、針本正行文学部長・教授の3人が合計5回ギャラリートークを行いました。

荒木優也講師によるギャラリートーク 荒木兼任講師は、展示されている古今和歌集を始めとする勅撰集について、12時からと12時45分からの2回解説を行いました。

堀越客員研究員の解説 午後5時からと5時45分からは、堀越客員研究員が、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など武将たちが記した武家文書について解説を行いました。

針本教授の説明を聞きながら資料を覗き込む来場者 午後7時15分からは、針本正行文学部長・教授が源氏物語を中心に物語絵の世界について解説を行いました。来場者は、展示されている絵巻や文書の制作の背景についての説明を聞きながら興味深そうに資料を覗き込んでいました。

デジタルライブラリーの閲覧ができます。 昨日、会場の一角にパソコンが置かれ、図書館所蔵の貴重資料・特殊コレクション画像データをインターネット上で閲覧できる「デジタルライブラリー」を利用できるコーナーが設けられました。

絵ハガキやしおりを選ぶ来場者 また、出入り口には、今回展示している絵巻や奈良絵本などのオリジナル絵ハガキとしおりを用意し、来場者にプレゼントしています。お気に入りの絵柄を見つけみてはいかがでしょうか。

イベント(学外者開放型)