オープンキャンパス

記事のみ印刷 全画面印刷

 今日は、渋谷・たまプラーザ両キャンパスでオープンキャンパスが開催されました。

雨のオープンキャンパス@たまプラーザ

正面玄関付近の様子 横浜市には一時大雨警報が出るあいにくの天気の中、渋谷キャンパスに770名、たまプラーザキャンパスに179名と多数の受験生や保護者の方が来場されました。

受付

こくぴょんがお出迎え たまプラーザキャンパスの会場では、受付に大学マスコットのこくぴょんが出て、雨の中お越しいただいた来場者をお出迎え。受験生や保護者の方と握手をする場面もありました。

大学・入試説明会

大学や入試の概要を説明 こちらは、オープンキャンパス最初のガイダンスとなった「大学・入試説明会」の様子。10時の開場直後から足を運んでくださった受験生や保護者が、熱心に大学の概要や入試制度について入学課員の説明に耳を傾けていました。

子ども支援学科学科・AOガイダンス

新富教授による説明 来春、たまプラーザキャンパスに新しく「子ども支援学科」が開設されます。学科・AOガイダンスでは、人間開発学部長の新富康央教授が学科のコンセプト や出願が間近に迫った公募制自己推薦(AO型)のポイントについて解説を行いました。会場には子ども支援学科1期生を目指す受験生が多く集まっていました。

教員と在学生によるキャンパスライフトークショー

緊張の中始まったトークショー 12時15分からは、今回初めての試みとして「教員と在学生によるキャンパスライフトークショー」が行われました。
 今年4月に人間開発学部に入学した1年生3人と教員3人が壇上に上がり、先日3泊4日の日程で行われた「総合講座:集団宿泊研修」の様子を紹介するなど、半年近くが過ぎた学生生活の一端を披露していました。

壁新聞

趣向を凝らした壁新聞に見入る来場者 教職員や在学生などによる相談ブースや資料配布コーナーが設置された教室には、学生たちが制作した壁新聞が掲げられていました。
 一人の学生の1週間の時間割や、人間開発学部生の1年間のイベントなど内容も盛りだくさん。会場を訪れた来場者は、足を止めて見入る姿が多く見られました。

 今年度最後のオープンキャンパスは、10月28日(日)に渋谷・たまプラーザ両キャンパスで開催されます。渋谷キャンパスでは、科目別の一般入試対策講座が行われるほか、たまプラーザキャンパスでは第4回共育フェスティバルも併せて開催します。

イベント(学外者開放型)