神奈川県大学発・政策提言制度公開コンペ

記事のみ印刷 全画面印刷

プレゼンテーションの一コマ 本日14時より神奈川県庁大会議場において、神奈川県大学発・政策提言制度の公開コンペが行われました。この制度は、神奈川県に所在する専門的な知見や人材等を有する大学と神奈川県とが連携強化を図ることにより、多様化・複雑化する県政の課題を解決することを目的として平成21年度からスタートしたものです。平成24年度は21件(11大学)の応募から1次審査を通過した8件の提案について7大学がプレゼンテーションを行いました。
 本学人間開発学部から応募した「大学から小中学校への環境・エネルギーに関する実験を主とした授業提案」のプレゼンテーションでは、空気砲やバズーカ砲を使った学生たちの素晴らしい演示実験が功を奏し、みごと採択された3大学のうちの一つになりました。
 今後は神奈川県と大学が契約を結び、平成25・26年度の2年間で事業を進めていくことになります。

イベント(学外者開放型)