教育実践総合センター夏季教育講座

記事のみ印刷 全画面印刷

講堂でのパネルディスカッション 人間開発学部教育実践総合センター主催の夏季教育講座「國學院大學外国語活動実践フォーラム」が10時からたまプラーザキャンパスで開催されました。写真は15時から講堂で行われたパネルディスカッションの様子。
 「これから求められる教師像~積極的な受信と発信を促す指導~」をテーマに、行廣泰三氏(本学兼任講師、聖心女子大学名誉教授)がコーディネーターを、直山木綿子氏 (文部科学省初等中等教育局教科調査官)、笠原一氏(横浜市教育委員会首席指導主事)新富康央氏(本学人間開発学部長)の3人がパネラーを務め行われていました。
 このほか、午前中には4教室に分かれて分科会を、午後には直山木綿子氏による講話などが行われました。

イベント(学外者開放型)