共存学公開研究会「東アジア地域の共存を考える」

記事のみ印刷 全画面印刷

安成日(黒竜江大学哲学与公共管理学院教授)による報告 学術メディアセンター1階常磐松ホールでは13時30分から國學院大學研究開発推進センター「地域・渋谷から発信する共存社会の構築」研究事業の一環で、平成24年度共存学公開研究会「東アジア地域の共存を考える」が実施されました。
 グローバル化する現在、日々マスメディアでも課題が報道されていますように、いかに「共存」していくかが問題となっています。今回は、特に日本を含む東アジア地域の未来像に焦点を当てて報告がなされていました。

イベント(学外者開放型)