日本文化を知る講座

記事のみ印刷 全画面印刷

講演する谷口准教授 今月1日から毎週土曜日(16日除く)に開講されていた第38回日本文化を知る講座「1300年目の古事記」は、本日が最終日。会場の120周年記念2号館2101教室には、本日も多数の来場がありました。
 本日は、谷口雅博本学文学部准教授による「古事記の反乱物語」。
 古事記における反乱物語は、ほとんどが天皇在位中の謀反や天皇崩御後の皇位継承諍いです。唯一の天皇殺害の話である目弱王の天皇殺害と、その後の大長谷王(後の雄略天皇)による目弱王ほかの殺害について、古事記と日本書紀の記述の違い等を紹介しつつ、お話しいただきました。

イベント(学外者開放型)