日本文化を知る講座

記事のみ印刷 全画面印刷

平藤准教授 本日は学会、研究会が120周年記念2号館1階で3つ行われ、多数の方で賑わっていました。
 そのうちの1つ、日本文化を知る講座は今年が38回目。今年は「1300年目の古事記」というテーマで、今月の毎週土曜日(16日除く)に行われます。
 今年の第1回目となる本日は、平藤喜久子本学研究開発推進機構准教授による「外国人が見た古事記-130年目の古事記-」。古事記の翻訳や、外国人が言葉をどう理解したか、などについてお話しいただきました。
 会場の2101教室は、約450名の聴講者でほぼ満席の盛況でした。

イベント(学外者開放型)