本学寄託火焔型土器東大博物館特別展に出展

記事のみ印刷 全画面印刷

火焔型土器_梱包風景 本学学術資料館に寄託されている火焔型土器(新潟県岩野原遺跡出土・個人蔵)が東京大学総合研究博物館特別展「アルケオメトリア-考古遺物と美術工芸品を科学の眼で透かし見る-」に出品されます。

この特別展は、東京大学総合研究博物館が長年実施してきた、年代測定・食性分析・構造解析などの文化財の科学的分析の方法と成果を示すもの。

本日搬出作業が行われ、こちらは土器を梱包している様子です。

火焔型土器 本学でも新潟県立歴史博物館とともに、火焔型土器の共同研究に参加してきました。

 今回出展されるこちらの火焔型土器は、類例の中でも大きく、見 ごたえのあるもので、特別展示室入り口に飾られることになっています。展示期間は、4月10日(火)から展示最終日の6月17日までとなっています。月曜 日休館(4月30日は開館)、入場無料とのことですので、下記サイトでご確認の上、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

イベント(学外者開放型)