新年院友交歓会

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日午後5時から、本学渋谷キャンパス若木タワー18F有栖川宮記念ホールで、新年院友交歓会が開催され、多くの院友が集まり新年を祝いました。

 はじめに、院友会副会長で本学副学長の石川則夫教授が開会の挨拶を行い、続いて、院友会会長で鶴岡八幡宮宮司の吉田茂穂氏(73政・74神専攻)が、挨拶に立ちました。

 吉田会長は挨拶の中で、1月2日・3日に行われた東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に触れ、「3位入賞の瞬間の感動はひとしおで、母校という存在の大きさを改めて実感した瞬間でもあった。このような在学生の頑張りが院友の励みにもつながり、ひいては大学全体の発展にもつながるのではないか。」と挨拶しました。

 その後、針本正行学長による来賓挨拶、佐栁正三理事長による乾杯の発声で会が始まりました。途中では、学術・スポーツ振興資金贈呈式や、福引抽選会などが行われ、盛況のうちに閉会しました。

イベント(在学生・教職員向け)