第2回法学会講演会

記事のみ印刷 全画面印刷

 國學院大學法学会が主催する講演会が11月22日、渋谷キャンパス百周年記念館記念講堂で行われ、国民生活センター総括主任相談員で本学兼任講師の吉松恵子さんを講師に迎え「大学生も知っておくべき消費者問題~なぜ消費者法を学ぶ必要があるのか~」と題し講演しました。

 講演では、国民生活センターなどで問い合わせが増えているという若者にかかわる消費者トラブルについて、具体的な事例と消費生活センターの対応例を紹介。「消費者トラブルに遭わない、解決するためには消費者法を学ぶ必要がある」と語りました。

 「民法・債権各論A」(佐藤秀勝教授、川村尚子講師担当)履修者を中心に多数の学生が聴講し、大学生の身に起こった具体的な紛争事例や消費者法の意義に熱心に耳を傾けていました。

イベント(在学生・教職員向け)