経済学会 研究会

記事のみ印刷 全画面印刷

経済学会研究会 細谷准教授 本日午後4時から、若木タワー0506教室で、経済学会主催の研究会が行われました。今年度最初の開催となった今回は、マクロ経済学の観点から東日本大震災の復興と現代の医療保険制度がテーマ。今年度から本学経済学部に着任された細谷圭准教授が議論の提示と、それに基づく議論が行われました。

 前半は東日本大震災について、復興政策の違いによる最終的な復興の形の違いを推測する経済モデルの研究発表が行われ、細田准教授のモデルと他の研究者のモデルの比較が行われました。後半は現在の医療保険制度の問題点である世代間格差について研究発表が行われ、個人・各世代・全世代の3つが医療費を負担する新しい社会保障の理念が提案されました。最後に、質疑応答の時間が設けられ、参加者による活発な議論が続きました。

イベント(在学生・教職員向け)