The Japan News Presents「新聞記者と学ぶニュース英語」講座 インタビュー

記事のみ印刷 全画面印刷

インタビューの様子 本学教育開発推進機構では、昨年12月から読売新聞の英字新聞のThe Japan Newsによる「新聞記者と学ぶニュース英語」講座を開講しています。講師は、読売新聞で外報部、海外特派員、英字新聞編集担当を経験した読売新聞教育ネットワーク事務局の佐藤伸企画委員をお招きしています。

 本学学生は同紙を購読しながら、渋谷キャンパスでの練習会を受講しています。英字新聞に親しみ、興味のある記事を英文で読めるようになること、英字新聞を毎日読むことによって広く社会の動きを知り、記者の視点から世界を見る体験をすることを目的にしています。

参加者での記念撮影 15日(水)には、同講座の一環で受講者のうち8人の学生が読売新聞東京本社を訪問し、同編集局英字新聞部記者のヘザー・ハワードさんへ英語でインタビューを行いました。学生たちは事前授業でハワードさんへの質問を考え、佐藤伸企画委員の添削を受け、インタビューに挑みました。

 インタビューでは、仕事や学生時代の学び、語学学修などに関する質問を投げかけていました。中でも、日本語を習得するのにどれくらい時間がかかったかという質問に対し、「日本語の勉強は決して終わることはない」との答えが、現在語学を学ぶ学生たちにとっても印象深く残っていたようです。

 今後学生たちは、インタビュー内容を英字で300ワードほどの記事にまとめて、添削を受ける予定です。

イベント(在学生・教職員向け)

授業