人間開発学部 総合講座(健康体育学科)初日

記事のみ印刷 全画面印刷

入所式のようす 人間開発学部健康体育学科の1年生を対象とした集団宿泊研修「総合講座」が本日から3泊4日の日程で始まりました。拠点は同学部の初等教育学科と子ども支援学科が、同じく総合講座で先週利用した国立青少年交流の家(静岡県御殿場市)。今年度もテント生活や様々なプログラムを通して、自然尊重の精神や課題解決能力など、人間力育成における基礎的能力開発を図ります。また、仲間と寝食を共にすることで友情を育み絆を深くする狙いがあります。

 初日の今日は、たまプラーザキャンパスを出発して午前11時過ぎに施設に到着すると施設内の講堂で入所式が行われ、施設所員から野外活動の心得などの説明がなされました。

スポーツ大会の様子 昼食後にはグラウンドにてスポーツ大会が開催され、教員別に担当するルーム対抗の障害物競走と大縄大会が行われました。各ルームともに高い身体能力を武器に真剣且つ楽しくプログラムに取り組んでいました。

野外炊事で夕食をつくる学生 学生たちの楽しみの1つになっているのが食事です。特に本日から3日間の夕食はルーム別に毎回野外炊事となります。本日の献立はバーベキュー。学生たちは火起こしに苦戦しながらも、早くも明日に向けて改善点を話し合っているルームがありました。今日の反省が明日の屋外炊事にどんな風に生かされるのか、明日に期待できる初日でした。

イベント(在学生・教職員向け)

授業