防災備蓄品試食@たまプラーザキャンパス

記事のみ印刷 全画面印刷

防災備蓄品試食@たまプラーザキャンパス 本日、たまプラーザキャンパスでは、防災備蓄品の試食会を行いました。
 学生企画委員と事務課が共同で行う防災イベントの第1回目。今年度は複数回、様々な防災イベントを実施する予定です。

 今回は、現在学内で備蓄している保存水を用いて、尾西食品株式会社の販売している「ごはんシリーズ」4種類を個別の容器に分けて、希望する学生に配りました。
 これらの商品は「アルファ米」で出来ています。アルファ米は炊きたてご飯のおいしさをそのままに急速乾燥したもので、水だけで作成可能です。

防災備蓄品試食@たまプラーザキャンパス 試食をした約400人の学生は、保存食のイメージが変わったことと思います。

 3時以降にはライスクッキーも配ったため、昼食時や下校時を中心にピロティ内のブースがにぎわいました。

 試食者には家庭内の防災の見直しもチェックシートにまとめたプリントを配付。学内外で防災体制を整えていきます。

イベント(在学生・教職員向け)