国文学会7月例会

記事のみ印刷 全画面印刷

国文学会の様子 本日午後1時30分から、渋谷キャンパス3号館3401教室で国文学会の7月例会が開催され、約30人が参加しました。
 本日の例会では、本学大学院聴講生の副島和泉氏が「『和泉式部日記』の代表歌―「涙に影はとまらなむ」の表現をめぐって―」と題し、大学院生の鈴木瑞穂さん(博前文・3)が「允恭紀「衣通郎姫」物語の心情表現」と題し発表を行いました。

イベント(在学生・教職員向け)

イベント(学外者開放型)

授業