和装Day

記事のみ印刷 全画面印刷

キャンパスを歩く学生たち 今日は五節供のひとつ、七夕です。本日渋谷キャンパスとたまプラーザキャンパスでは、七夕の1日を浴衣で過ごすイベント「和装Day」を実施しました。日本文化の体験・発信の一環として企画された本イベントは今年で2回目となります。

渋谷キャンパス

授業を受ける学生 渋谷キャンパスでは、午前8時から特設の更衣室とクロークを用意し、登校した学生たちが浴衣に着替えて、それぞれ授業へと向かっていました。写真は、2限の「神道と文化」(高野裕基研究開発推進機構助教)の教室の様子。浴衣姿の学生が熱心に講義を聴く様子が見られました。

募金とスイカ 130周年記念5号館のオープンスペースでは、熊本地震の復興支援のための募金が呼びかけられました。募金に応じた学生らには熊本県産のすいかが振舞われました。

 そのほか、同所では、輪投げとヨーヨー釣りを浴衣を着た学生限定で用意され、次々と学生が楽しんでいました。

 

ミスコンお披露目 お昼休みの時間帯には、企画イベントサークル「Ideed」によるMiss & Mr.國學院候補者のお披露目イベントが開催され、多くの学生が集まりました。浴衣姿に身を包んだ候補者たちから、コンテストへの意気込み等が語られました。

 

たまプラーザキャンパス

短冊を飾る学生たち 今年は、たまプラーザキャンパスでも和装デーが実施されました。登校時から浴衣を着て登校する学生が見られたほか、1限の授業開始前から、特別更衣室を利用し浴衣に着替える学生も目立ちました。
 こちらでも、渋谷キャンパス同様に熊本地震への募金箱も設置し、募金をした学生が特典のスイカを嬉しそうに食べる姿が印象的でした。今日は、天気も良く、ピロティ内のベンチで昼食をとる学生も多く、日常生活とは一味違う楽しいひと時を過ごせていたようです。

竹灯篭 夕方からは敷地内から採取した竹で作成した竹灯篭もライトアップ。学生のペイントした風鈴や風車も設置されているため、下校時にピロティ内で足を止める学生が多くいました。

イベント(在学生・教職員向け)

イベント(学外者開放型)