浅野温子客員教授が特別授業

記事のみ印刷 全画面印刷

 浅野温子客員教授による特別授業が、午後1時50分から横浜たまプラーザキャンパスで行われました。特別授業は新富康央人間開発学部長・教授が担当する「教育の原理」の公開授業として行われ、履修生だけでなく在学生やその保護者など約200人が聴講しました。

よみ語りを披露する浅野客員教授

 本日の特別事業のテーマは『天の羽衣ものがたり~三保の松原に降りた天女~』。
 浅野客員教授は全国の至る所で語り継がれている天女と地上男性の恋物語「羽衣ものがたり」を冒頭から約30分にわたってよみ語りました。時に激しく時に切なく演じる姿は多くの聴講者を引きつけ、終了後に盛大な拍手が送られました。
 その後、本日のテーマにちなんで「今、一番何がいとおしいか。好きなものは何か」という課題が投げかけられ、在学生らと意見を交わしました。浅野客員教授は授業の中で「自身だけでなく、相手を知ることはコミュニケーションで大変重要なこと」とも投げかけていました。

イベント(在学生・教職員向け)