卒業証書授与、祝賀会@たまプラーザ

記事のみ印刷 全画面印刷
 証書を受け取った卒業生

 

証書授与後の様子 グランドプリンスホテル新高輪で行われた卒業式に参加した人間開発学部の卒業生が、横浜たまプラーザキャンパスでの卒業証書授与と祝賀会に参加しました。4年間を同キャンパスで過ごした卒業生は、卒業証書を受け取り、学生最後の時間を恩師や友人らと過ごしました。

 

 

 

卒業証書授与

挨拶にたつ成田副学部長 午後1時半から605教室で、卒業証書がひとりひとりに手渡されました。挨拶に立った成田信子人間開発学部副学部長・教授は「自分の可能性を見つめてきた学びの経験を生かし、常に問いを持ち続けることを忘れないで欲しい」と発言。卒業生のこれからの活躍を楽しみにしているとエールを贈りました。

 その後、保護者が見守るなか、卒業生は各教員から個別に卒業証書を受け取り、改めて卒業した喜びを噛み締めていました。

祝賀会

乾杯する教員と卒業生 会場を若木21のヒルトップに移して、午後2時半から祝賀会が開催されました。学年幹事を務める教員や若木育成会役員などが次々と祝辞を述べる中、乾杯の発声とともに会場は一気に懇親の度合いを深めました。会場のいたるところで、教員や友人と写真に収まる姿や思い出話に花を咲かせる姿が広がっていました。

歌をプレゼントする人間開発学部教授 最後は、教員がこの日のために練習してきたという「はじめの一歩」の合唱を卒業生にプレゼント。続いて「旅たちの日に」を卒業生とともに合唱して祝賀会が締めくくられました。

 人間開発学部は4期目の卒業生を送り出した人間開発学部。院友(卒業生)の更なる活躍に期待したいです。

イベント(在学生・教職員向け)

祭典