研究開発推進機構とセインズベリー日本藝術研究所による研究協定の調印式

記事のみ印刷 全画面印刷

 

國學院大學研究開発推進機構とセインズベリー日本藝術研究所による研究協定の調印式 本日午後11時30分から、渋谷キャンパス國學院大學博物館のメインホールで、本学研究開発推進機構とイギリス・セインズベリー日本藝術研究所(Sainsbury Institute for the Study of Japanese Arts and Culture)の協定式が執り行われました。

 この協定は、平成21年に調印した協定を継続するもので、井上順孝研究開発推進機構長・神道文化学部教授と、水鳥真美セインズベリー日本藝術研究所総括役所長(Executive Director)が協定書にサインして調印されました。

國學院大學研究開発推進機構とセインズベリー日本藝術研究所による研究協定の調印式 今回の覚書の再締結により、これまでの研究成果を踏まえた日本文化研究・成果発信のための、より一層の協力体制が構築されることになります。

 調印後は博物館事務室で、双方の研究状況等を報告をしながら意見交換をしました。

 

 

イベント(在学生・教職員向け)