東北再生「私大ネット36」春・南三陸スタディツアー募集説明会

記事のみ印刷 全画面印刷

説明会の様子 本日昼休みに、来年2,3月に実施する東北再生「私大ネット36」春・南三陸スタディツアーの募集説明会が、渋谷キャンパス3号館3309教室で行われました。東北再生「私大ネット36」は、東日本大震災後、志を同じくする私立大学が集まり、東北地域での支援活動と、学生の教育を目的に設立したネットワークで、本学は設立当初から運営校として加盟しています。

 今回参加者を募集するスタディツアーでは、まもなく震災発生から5年を迎える宮城・南三陸町で、「生産者と出会う旅~一次産業の復興を考える~」など4つのテーマに分かれて学習します。説明を行った鈴木崇義教育開発推進機構准教授は、「復興が進む今でしか見ることができない南三陸の状況をぜひ見てほしい」と参加を呼びかけていました。募集説明会は、12月9日(水)昼休みにも3309教室で行われます。

イベント(在学生・教職員向け)