高校生対象コンテスト懇親会

記事のみ印刷 全画面印刷


懇親会の様子 第19回全国高校生創作コンテスト・第11回「地域の伝承文化に学ぶ」コンテスト表彰式終了後、午後12時30分から若木タワー18階有栖川宮記念ホールで両コンテスト合同で懇親会が開かれました。冒頭、本コンテスト主催者を代表し、小川直之本学文学部教授、高校生新聞社村田光英編集局長から挨拶。小川教授は受賞した高校生に対して「コンテストを通じて言葉による自己表現の大切さや難しさ、そして自身が生活する地域文化を見つめることの重要性を意識しながら、これからの高校生活を送ってほしい」とコメント。最優秀賞を受賞した生徒からのコメント発表を交えながら懇親会は和やかに進みました。

作家の中村氏と記念撮影する受賞者 会場内では高校生たちが審査員や他の受賞者と記念撮影をしたり、憧れの先生に自らの作品の講評を聞くなどして交流を深めている場面が多くありました。本コンテストを機に、受賞者の皆さんの各方面でさらに活躍されることを祈ります。

イベント(在学生・教職員向け)