経済学部「PBL:トップランナー國學院大學2015」

記事のみ印刷 全画面印刷

最優秀賞に輝いたチーム「ブラッグBag」 本日午後4時10分から渋谷キャンパスで、経済学部のプレゼンテーション大会「PBL:トップランナー國學院大學2015」が行われました。同企画は昨年度に引き続き2日回目の開催となり、同学部の授業「基礎演習」の一環として行われました。

予選会発表の様子 同授業は経済学部の1年生を対象とした授業で、アクティブラーニングを中心に授業が展開されています。本日は、グルメ情報検索サイト最大手の株式会社ぐるなび協力の下、「10年後の外食産業の課題とぐるなびの取り組み」というテーマに沿って、プレゼンテーションが行われました。

発表する学生(予選会) はじめに、5時限目には1号館の各教室に分かれ予選会が行われました。3クラスがひとつの教室に集まり、グループごとに発表。全てのグループの発表が終了すると、審査員役を務めた本学職員と経済学部教員とで審査が行われ、各教室の代表グループが選ばれました。

決勝大会会場となった2104教室 6時限目には、会場を120周年記念2号館2104教室に移して決勝が行われました。各教室から選ばれた5グループが発表を行いました。

発表をするチーム「ブラッグBag」 プレゼンでは、これから増えるであろうイスラム圏からのインバウンド需要を見越してのハラール食材(ムスリムの人たちが口にできる食材)を使った料理の提供や、スマートフォンのゲームアプリを使った広告の展開、高齢者のための予約サービスなど、1ヶ月間で準備を進めてきた成果を披露しました。

優秀賞のチーム「すいかぁグループ」 その後結果が発表され、最優秀賞はゲームアプリを使った広告展開を提案したチーム「ブラッグBag」が、優秀賞は、高齢者向けの付き添い方観光を提案したチーム「すいかぁグループ」がそれぞれ受賞しました。

 結果発表後は、会場を若木タワーの有栖川宮記念ホールに移し、授賞式と懇親会が行われました。

イベント(在学生・教職員向け)

授業