適正飲酒啓発セミナー

記事のみ印刷 全画面印刷

適正飲酒啓発セミナー 本日午後4時20分から、渋谷キャンパス3号館1階の学食「和 [NAGOMI]」で、在学生向けの適正飲酒啓発セミナー「酒活(しゅかつ)の準備はしっかりと」が開催されました。主催は学生企画部によるもので、約60人がアルコールに関する知識や接し方について学びました。

 

適正飲酒啓発セミナー_パッチテスト 「酒活(しゅかつ)」とは、社会人デビュー前の「就活(就職活動)」になぞらえ、お酒に対する正しい知識を持とうと作られた造語です。講師には、酒活の名付け元であり、本学と同じ渋谷区内に本社を構えるサッポロホールディングス株式会社の協力を得て、同社の人見章氏が勤めました。アルコールは正しい知識で持って接すれば、良好なコミュニケーションを形成する潤滑油になるものだとしながら、自分の体質を知ることも大切だと指摘。会場では、アルコール代謝を調べるパッチテストが行われ、それぞれが腕にアルコールを湿らせた絆創膏を貼りつけてテストに臨みました。自己感覚とは異なる結果が出た学生の周囲からは驚きの声があがるなど、自分自身のアルコール適正を知る良い機会になったようです。

 

適正飲酒啓発セミナー_美味しいビールの注ぎ方 これから夏休みを利用した合宿などの課外活動が活発になる時期です。飲酒は法的規則があることを理解した上で、個々の体質の違いやマナーにも配慮した行動を心がけてほしいと伝え、約1時間の講座を締めくくりました。

イベント(在学生・教職員向け)