東北ボランティア合同説明会&体験報告会

記事のみ印刷 全画面印刷

全体説明の様子 本日、午後4時10分から、本学渋谷キャンパス学術メディアセンター棟1階の多目的ホールで、ボランティアステーション主催の「もっと東北へ!「私大ネット36」など東北ボランティア合同説明会&体験報告会」が開催されました。夏季休暇中に催される3つの東北ボランティアの説明でした。

 「東北再生『私大ネット36』」の紹介映像およびサマープログラムの説明があった後、「東北再生『私大ネット36』」、「祭礼ボランティア」、「間伐体験ツアー」に参加した学部生、大学院生による、写真のスライドショーと体験報告がありました。「東北再生『私大ネット36』」には、「被災地に学ぶ」として、宮城県南三陸町で地元の方々との交流ができるプログラムや、自然と触れ合えるプログラムなどがあります。「祭礼ボランティア」では福島県に行き、お祭り主催者側の神社のお手伝いとしてお神輿を担いだり、縁日のお手伝いをしたりします。「間伐体験ツアー」では岩手県紫波町に行き、森林の健全な発育を助け、循環型のまちづくりを進展させるために、町の方々と一緒に間伐をします。

 

 個別相談ブースの様子 また、本学の防災に関するクイズもありました。その後、設置されたブースにおいて、東北ボランティア個別相談会が開かれました。

イベント(在学生・教職員向け)