若木育成会本部総会

記事のみ印刷 全画面印刷

 若木育成会は、全国各都道府県の56支部で構成されている本学在学生の保護者の会です。結成から40年以上の歴史があり、年間を通して活発に活動しています。本日は、午前中から本部役員と全国の支部長が渋谷キャンパスに集まり、全国支部長懇談会・本部総会などの行事が行われました。

 

全国支部長懇談会

若木育成会支部長懇談会で挨拶する佐野睦仁会長 午前11時からは、全国支部長懇談会が、若木タワー会議室02で行われました。
 佐野睦仁若木育成会会長、白川博一大学事務局長のあいさつに続き、支部活動に関わる連絡事項や事前アンケート結果に基づいた事務局からの報告、各支部活動の事例紹介等がなされ、支部活動の活性化や支部の集いへの出席率の向上について、積極的な意見交換がなされました。

 

記念植樹・贈呈ベンチ等見学@130周年記念5号館

130周年記念5号館竣功記念植樹 午後1時30分に、先月竣功した130周年記念5号館に若木育成会から竣功記念の植樹が行われました。若木育成会の役員や支部長が土を盛り、記念樹の枝垂桜も無事に植わりました。早くも来春の開花が楽しみです。

 

130周年記念5号館竣功記念贈呈ベンチ また130周年記念5号館の中のベンチ16台は、若木育成会の寄贈のものです。本学が提携している紫波町(岩手県紫波郡)の間伐材を使用しています。

 その後の本部総会まで、支部長の皆さんは130周年記念5号館をはじめ、キャンパス内を見学しました。

 

本部総会

赤井益久学長挨拶 午後2時30分から、学術メディアセンター常磐松ホールで、第45回若木育成会本部総会が行われ、今年度の事業計画などを審議しました。
 平成27年度事業計画では、大学が行う東日本大震災被災学生への授業料減免制度に対する支援の継続、渋谷・たまプラーザ両キャンパス見学会(10月17日)、國學院大學若木育成会学費等支援制度運用内規などが上程、承認されました。

 また 今年度の会長等の役員選出では、会長を勤められた佐野睦仁会長が会長職を退き、髙島佳代子副会長が新会長に就くことが承認されました。
 その後、永年に亘り本部役員を務められた佐野氏には大学から、また3年間に亘り支部長を務められた8氏に会から、それぞれ長年の活動への尽力をたたえる感謝状が贈呈されました。

 
 

懇親会

髙島新会長挨拶 その後午後5時30分からは、場所をグランドプリンスホテル高輪「プリンスルーム」に移し、若木育成会本部総会懇親会が開催されました。
 会の途中には、若木チャレンジ賞に選ばれた個人の部5人と団体の部3団体の表彰が行われ、活動報告や活動への理解の呼びかけもあり、会場を一層和やかにさせました。
 また本学の強化3部の内、硬式野球部の鳥山康孝監督、柔道部の坂本大記監督が壇上に上がり、活動状況を報告。最後は若木育成会副会長による中締めをもって、約2時間の懇親会はお開きとなりました。

 支部長の皆さんにおかれては、午前中の支部長懇談会、午後の総会と一日仕事。本日は長い時間に亘ってお付き合いいただき、ありがとうございました。
 いよいよ来週土曜日の秋田県、島根県を皮切りに地区での支部の集いがスタートします。本学教職員が伺いますので、その節はぜひ、よろしくお願いいたします。

イベント(在学生・教職員向け)