「東京・渋谷から日本の文化を国際発信するミュージアム連携事業」実行委員会会議

記事のみ印刷 全画面印刷

東京・渋谷から日本の文化を国際発信するミュージアム連携事業第1回実行委員会会議_学長挨 本日午後4時30分から、渋谷キャンパスの國學院大學博物館で「東京・渋谷から日本の文化を国際発信するミュージアム連携事業」として、第1回國學院大學博物館地域共働連携実行委員会会議が開催されました。

 この事業は、文化庁の「地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業」と後援支援事業を活用したもので、昨年度の「東京・渋谷から日本の文化を発信するミュージアム連携事業」に引き続き、本学から申請したものです。
 本年度も、本学博物館、渋谷区、山種美術館、東洋文庫の連携事業として運営していきます。

 

 本日は今年度第1回として、昨年度事業の報告と、今年度申請内容の紹介を行いました。東京・渋谷から日本の文化を国際発信するミュージアム連携事業第1回実行委員会会議

 開催にあたり、実行委員会委員長として赤井益久学長が挨拶し、引き続き本学博物館館長の笹生衛神道文化学部教授による本学博物館の紹介。
 そして『東京・渋谷から日本の文化を発信するミュージアム連携事業報告書』を基に、連携事業の展開、地域開放、博物館からの情報発信の3つのテーマの報告がなされました。

 引き続き、今年度の「東京・渋谷から日本の文化を国際発信するミュージアム連携事業」の紹介として、文化庁の事業申請書類を基に、5つのテーマについて紹介がありました。

 

 

 昨年度の事業を通じて、各館の入館者数も増加するなど、情報発信について一定の評価が得られています。
 渋谷から日本文化の発信の意義と共に、国の施策でもある東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020(平成32)年に向けて、日本の文化芸術の強固な文化基盤を形成させることへの関心も高まっています。
 本事業の日本文化の発信が、文化基盤形成の更なる発展に寄与することを切に願います。

イベント(在学生・教職員向け)