SA(スチューデント・アシスタント)応募者向け説明会

記事のみ印刷 全画面印刷

SA応募者、アズビル担当者から書画カメラの使用方法を聞く

 本学教育開発推進機構では、大規模教室での授業補助を目的としたスチューデント・アシスタント(SA)制度を設けています。本日は午後2時30分から、今年度前期のSAに応募して来た学生を集め、制度の趣旨や、業務の概要について理解してもらうための説明会が実施されました。

 応募者たちは、渋谷キャンパス120周年記念2号館2104教室で、SA制度の趣旨と、業務を行うにあたっての注意事項について説明を受けた後、マイク、プロジェクター、書画カメラ等、授業でどのような機器を使用するかについて設備担当者から説明を受けました。その後、印刷業務や、教員室についての説明などを受けていました。

 この後行われる選考を経て、SAに採用が決定した学生たちは、大規模授業における教材・資料の準備(印刷・運搬)や配付、AV機器の設定準備などのサポートを行っていく予定です。

イベント(在学生・教職員向け)