女子学生限定防犯セミナー

記事のみ印刷 全画面印刷

後ろから抱きつかれたときの護身術実践 学生部企画のあんしん安全講座第1弾「女子学生限定防犯セミナー」が本日午後0時15分から1時15分まで、渋谷キャンパス120周年記念2号館2102教室で行われ、約20人の女子学生が参加しました。参加者にはハートのマカロンを象った防犯ブザーが手渡されました。

 総合警備保障株式会社ALSOKの講師からは、20代前後の女性が多く犯罪被害に遭っている現状や、被害者の手記が読み上げられました。女性が犯罪の対象として狙われると、力では男性に敵わないため、相手を倒すのではなく、まずは危険な目に遭う機会をなくす「護身術」を身に付ける必要があるといいます。電車に乗るとき、夜道を歩くときなどシチュエーションごとに具体的な護身術が紹介され、最後に手首を掴まれたとき、後ろから抱きつかれたときの実技が行われました。講師による見本を見た後、学生同士で2人1組に分かれ実践。少ない力でも逃げられる、など驚きの声も上がっていました。

イベント(在学生・教職員向け)