吹野博士記念授与式

記事のみ印刷 全画面印刷
 赤井学長から賞状を手渡される青木氏


赤井学長から賞状を手渡される青木氏 吹野博士記念賞授与式が、本日午前11時半から法人応接室で行われ、受賞者の青木洋司本学文学部兼任講師(文学部中国文学科114期)に赤井益久学長から賞状と副賞が授与されました。

 吹野博士記念賞は、故吹野安博士の中国学に関する学績を記念し、博士の意志に基づき学術奨励のため平成10年度から設けられたもので、施行以来3人目の授与となります。今回の受賞業績は、青木氏の著書『宋代における『尚書』解釈の基礎的研究』(明徳出版、平成26年刊)に対するものです。

 賞状を手にした青木氏は「吹野先生を慕い、國學院大學に入学した。先生に出会わなければ研究者の道に進むことはなかった。これまで研究を支えてくれた方々に感謝したい」とコメント。赤井学長からは本記念賞の設立経緯にふれながら、「次の研究成果に結び付けられるように、研究に更に精進して欲しい」と激励の言葉が贈られました。

イベント(在学生・教職員向け)