税理士試験合格者祝賀会

記事のみ印刷 全画面印刷

合格した学生の挨拶 昨年12月に結果が発表された平成26年度の税理士試験では、本学大学院経済研究科から前期課程2年生1人の合格、13人の一部科目の合格となりました。本日は、同研究科による税理士試験合格者祝賀会が、午後6時から渋谷キャンパス3号館メモリアルレストランで開催され、経済学部専任教員、同研究科の大学院生、OBOGが集まりました。

 会の冒頭、菅井益郎経済学研究科委員長からの挨拶の後、加藤季夫副学長、尾近裕幸学部長の挨拶がありました。それぞれ、合格は学生の努力の賜物であると合格者への祝辞と、今後税理士試験に挑む学生への期待を述べ、根岸茂夫代表幹事による乾杯へと移りました。その後合格した学生指導にあたった小宮山隆教授の挨拶があり、これまでの道筋を振り返り、再度試験突破の喜びを共有しました。

 また、白川博一事務局長による税理士奨学金制度の説明、OB税理士の紹介や、今後試験に挑む学生の決意表明行われました。

 合格者の新たな門出を盛大に祝すとともに、 今後の合格を目指す学生の背中を押す場ともなったようです。

イベント(在学生・教職員向け)