教員採用試験合格者報告会

記事のみ印刷 全画面印刷

熱心に体験談に耳を傾ける学生 本日、渋谷キャンパス120周年記念2号館2101教室で、教員志望の学生を対象とした平成26年度教員採用試験合格者報告会が午後1時から行われ、約70人の学生が参加しました。

 冒頭、前田浩司教職センター担当課長は、「合格者の熱意に触れて教員への意志を固める機会とし、生の声を聞くことで、明日からの取り組みへの糧としてほしい」と挨拶。続いて、佐藤美穂客員教授から教員採用試験についての全国的な状況と今後の傾向についての説明がありました。
 第1部は午後1時30分に始まり、11人の合格者が登壇して、シンポジウムが行われました。合格者は、それぞれの教員への志望動機や試験対策などについて、質問に答える形で自身の取り組みを振り返っていました。

 休憩を挟み、午後3時50分から始まった第2部では、集団面接と個人面接の再現が行われました。実際の面接に模して、緊迫した空気の中、面接官と受験者とのやりとりが繰り広げられました。
 続く午後4時50からの第3部では、合格者2人の実技試験・模擬試験の再現があり、難関試験を突破した実力を壇上で披露しました。最後に、11人の合格者からこれから教員採用試験を迎える学生に向けて、応援メッセージが贈られました。

 4時間半に及ぶ長丁場でしたが、参加した学生は、なかなか聞くことのできない合格者の話に真剣な面持ちで耳を傾け、教員採用試験に向けた決意を固めたようでした。

イベント(在学生・教職員向け)