日本の文化理解・フィールドトリップ(大相撲初場所観戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

集合写真 本日、日本の文化理解・フィールドトリップ(大相撲初場所観戦)が行われ、本学協定校からの留学生と、日頃彼らをサポートしているK-STEPアシスタントの学生合わせて30人が両国国技館で行われている大相撲初場所を観戦しました。大相撲を観戦することで日本文化を発信できる人材を目指すことを目的としています。

観戦する学生たち 参加者は、午後3時40分に始まる横綱と幕内の土俵入り・取組を観戦。初めて相撲を目にする留学生たちは、力士が土俵に上がると国技館内の熱気に圧倒されていました。取組中は、留学生に教えながら観戦をする本学学生の姿も。横綱の取組が始まると「あの人が強くて、有名」などと留学生に教え、国境を越えて共に熱い応援をしていました。取組の中では力士が客席に投げ出されたり、横綱が敗れて観客が座布団を土俵に向けて投げる様子もあり、初めて見る光景に驚く姿もありました。参加者は弓取式まで観戦し、今回の日本の文化理解・フィールドトリップは終了しました。

イベント(在学生・教職員向け)