K-STEP茶道体験

記事のみ印刷 全画面印刷

お菓子を食べる学生 本日午後2時30分から、院友会館3階の和室で、本学で学ぶ交換留学生「K-STEP」の授業「日本の文化理解」の一環で茶道体験が行われました。中根宗節先生の指導を受け、12人の交換留学生がお点前を体験しました。

 

 茶道体験

茶道体験 学生は2グループに分かれ、それぞれがお茶を点てる役、お客さん役を体験しました。本日のお菓子には、今月31日のハロウィンにちなみカボチャを、そして秋らしく柿を象ったものが出され、甘いお菓子を食べた後にほろ苦い抹茶をいただきます。慣れない抹茶や正座に、顔を一瞬しかめる姿も見られましたが、相手のために抹茶を点てるおもてなしの心、点ててもらったお茶をいただく感謝の心を体験し、「和」への理解を深めた1日となりました。

イベント(在学生・教職員向け)