英語による授業FD研修会 ~Japan Studies授業改善に向けて~

記事のみ印刷 全画面印刷

研修会参加の教職員 本日午後1時30分から、本学教育開発推進機構ランゲージ・ラーニング・センター主催による「英語による授業FD研修会 ~Japan Studies授業改善に向けて~」が、渋谷キャンパス会議室04で開催されました。

 大久保桂子ランゲージ・ラーニング・センター長はじめ、本学の授業科目「総合演習(国際交流)」(「Japan Studies」)担当の茅野信行教授、星野靖二准教授、リム・ペクチェン兼任講師の他、ランゲージ・ラーニング・センター、教学事務部、国際交流事務部の教職員も参加し、英語による授業における授業設計、授業運営などについて討議され、それぞれの経験、見識が共有されました。Japan StudiesをテーマとしたFDは今回が初めてで、共有された課題が今後のFDでのテーマとなっていきます。

イベント(在学生・教職員向け)