國學院大學久我山中学校職場訪問

記事のみ印刷 全画面印刷

留学生と交流する中学生たち 國學院大學久我山中学校では、女子部2年生向けに「特別教育活動」を実施しています。このプログラムは、「働く」ということはどのようなことなのかを考え、将来における職業観を養うために年間を通して実施されているものです。本日はその一環として18人の生徒が本学を訪れ、教職員から「大学で働くこと」について学びました。

 午前11時に集合し、初めにキャリアサポート課を見学。昼食をはさんだ後、経理課、国際交流課、図書館、博物館の仕事を見学しました。国際交流課では、国際交流課員から事前に用意をしていた質問を中心に「働くこと」のアドバイスをもらったほか、本学で学ぶ留学生とも交流を図りました。

授業を見学する中学生 キャンパス内を移動する途中には、祭式教室と法廷教室を見学。祭式教室では、小野和伸兼任講師が担当する「神社祭祀演習Ⅱ」の授業の様子を見学しました。

イベント(在学生・教職員向け)