成人加冠式事前講習会(作法指導)

記事のみ印刷 全画面印刷

 午後4時10分からの5時限の時間に、成人加冠式事前講習会として前回の着装指導に続き、作法指導が祭式教室で行われました。

くじで選んだ装束 まずは前回のおさらいをしながら、白衣に白袴まで各自で着替えます。そして、本日は当日の衣装が決定。くじをひいて、1番の人から好きな装束を選びました。

烏帽子着装中 男子は早めに着替えが終了したので、早速烏帽子を着用。髪はオールバックにして、眉毛の上1cmくらいに深く前寄りにかぶると決まります。顎の下で結び烏帽子を固定する白いひも(こより)は、加冠式終了後記念にもらえるとのことでした。

狩衣着用中 次は、狩衣(かりぎぬ)。初めてのことに四苦八苦しながらも、神道文化学部の先輩が着付けのお手伝いし、無事に着装。鏡の前ではなかったので、隣同士で確認しあいながら、よりよい位置を調整していました。

女子の装束 女子の装束も色鮮やかで、みなさんのテンションが上がってくるのが伝わってきました。

礼の練習中 礼や拝など作法は次回へ続きます。次回は作法と、リハーサルである習礼(しゅらい)を行い、土曜日に本番を迎えます。

イベント(在学生・教職員向け)