箱根駅伝応援ボランティア説明会

記事のみ印刷 全画面印刷

参加に謝辞を述べる大森総監督 本日、渋谷キャンパスの学術メディアセンター常磐松ホールで午後4時10分から第90回箱根駅伝応援ボランティア説明会が開催されました。事前登録をした学生ボランティアと職員ボランティアが集まり当日の流れを確認するもので、挨拶に立った大森俊夫陸上競技部総監督・人間開発学部教授から「沿道からの声援は選手が振り絞る最後の力の源泉となる」と語り、ボランティアスタッフへの感謝の言葉が述べられました。

応援フラッグについて説明する学生アドバイザーの佐藤君 その後、各ポイント担当者の発表・作業内容・のぼり旗の作り方などを学生生活課員が説明しました。また、在学生からの応援メッセージを書き込んだ応援フラッグについて、主体となって活動した学生アドバイザーの佐藤隆一君(法4)から説明があり「メッセージを書き込む在学生からも数々の応援の言葉をかけられた。現地に足を運ぶことができない在学生の分も、めいいっぱい応援したい」と語りました。

在学生からの応援メッセージが書き込まれたのぼり旗 箱根駅伝当日は、往路・復路ともに17箇所に本学の応援ポイントを設ける予定です。ボランティアスタッフに登録していない学生や卒業生の方も当日の飛び入り参加は自由です。各応援ポイントの詳細は国学院大学院友会のホームページで公開していますのでこちらでご確認ください。1月2日・3日は応援ポイントに行って皆で選手を応援しましょう。

イベント(在学生・教職員向け)

部会・サークル