英語解説つきの能楽鑑賞体験

記事のみ印刷 全画面印刷

 外国語文化学科が主催する「國學院英検」関連の日本文化体験イベントとして、英語解説つきの能楽鑑賞体験が本日、渋谷区松濤にある観世能楽堂で行われました。能楽師による英語での解説と、観世会荒磯能を鑑賞するプログラムで、13人の学生が参加しました。

 英語講義は、観世能楽堂の協力により、アメリカ留学経験のある能楽師の方が担当。能楽のあらましから、実際に能舞台に上がっての体験まで内容の濃い講義となりました。

 その後、「小袖曽我」、「鉄輪」などを鑑賞しました。

 「國學院英検」関連の日本文化体験イベントとして、現在「英語で日本文化体験(お点前)」の参加申し込みを受付中です。日本の文化や生活様式など、身近にある事象を外国語で表現することは、想像以上に難しいもの。新しい視点で日本を再発見できる機会かもしれません。

イベント(在学生・教職員向け)