就職・進学を考えるDay

記事のみ印刷 全画面印刷

 法学部では、今日を「就職・進学を考えるDay」と銘打って、主に2・3年生を対象に自分の将来について考えるきっかけとなる3つのガイダンスやセミナーを開催しました。

合格者座談会~法科大学院攻略法~

 午後1時から渋谷キャンパス120周年記念1号館1103教室で行われた、「合格者座談会~法科大学院攻略法~」では、今年度法科大学院を受験し合格した8人の法学部4年生(法律専門職専攻6人、法律専攻2人)が出席。

後輩たちの相談に乗る形で、それぞれの得意科目や勉強方法などについて説明をしていました。

2年生キャリアガイダンス―2014年、就活どう変わる?

  第2部として、午後4時10分から百周年記念館4階記念講堂において、「2年生キャリアガイダンス―2014年、就活どう変わる?」と題して、2年生を主対象としたガイダンスが実施されました。
 公務員、民間企業、法科大学院(ロースクール)と色々な進路がある上に、法律専攻、政治専攻、専門職専攻それぞれで進路はかなり異なります。それぞれ2年生の段階で取りかかるべきことは何であるか、就活と進学の専門家が最適なアドバイスを伝えてくれるガイダンスでした。
 進路について悩んでいる学生も、前が開けたのではないでしょうか。

 

目指せ公務員~合格者たちは語る~

 午後5時50分から3号館3301教室において、公務員試験志望者向けの企画として、中央省庁、都庁、県庁、市役所、区役所、裁判所職員に合格した5人の4年生有志の合格報告会が催されました。5人の報告を聞きに、中教室は全席埋まりました。
 合格者たちの熱い体験談の中にある、なかなか聞けない赤裸々な報告に、参加学生たちは熱心に耳を傾け、積極的にメモを取っていました。
 先輩たちのコメントを参考に、是非公務員試験の難関を突破し、自分が前の席で報告出来る様に頑張ってください。

イベント(在学生・教職員向け)